ハッシュドビーフ、ソーセージとポテトのグラタン、切り干し大根の中華和え

ハッシュドビーフ、ソーセージとポテトのグラタン、切り干し大根の中華和え


昨日の晩ご飯です。昨日のメニューは、ハッシュドビーフ、ソーセージとポテトのグラタン、切り干し大根の中華和えでした。
「今日はすごいね。いつもより豪華」と言うと、「圧力鍋使えばいつもと変わらないくらい簡単だよ」だそうです。僕は料理のことは分からないのですが嫁がそう言うならそんなもんなのでしょうね。

ハッシュドビーフがコクがあって美味しかったですよ。きっと嫁お得意のたまねぎ氷を使っているんだと思います。たまねぎ氷と洋食の相性は素晴らしいですね。もちろん和食にも合いますよ。
グラタンはホワイトソースがちょっと緩かったけど、味付けはバッチリでしたよ。ポテトがホクホクで美味しかったです。
切り干し大根の中華和えは箸休めにピッタリですね。濃厚なメニューの中で口をさっぱりとさせてくれます。

そうそう、ビーフシチューとハッシュドビーフの違いを初めて知りました。
・ビーフシチューは、角切りのお肉と野菜をブラウンソースで長時間煮込んだもの
・ハッシュドビーフは、薄切りのお肉と野菜を炒め、ドミグラスソースでさっと煮込んだもの
だそうです。
ブラウンソースとかドミグラスソースとかの詳細はググってください。
西洋料理は国同士が地続きなので、似た様な料理が各地でそれぞれの進化をしやすいのでしょうね。ハッシュドビーフは発音的にやっぱりフランス?シチューはイギリス?(地続きじゃないけど…)、これがロシアに行ったらビーフストロガノフとかになるんでしょうかね。面白いですね。

ハッシュドビーフ、おかわりしたかったのですが、ダイエット中なので控えておきました。今日のお昼にご飯にかけて頂くことにします。

昨日のご飯も美味しかったですよ。ごちそうさまでした。


  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

Emailアドレスは公開されません