【ジャパニーズカスタマイズご飯の先駆者 素麺も新しいステージへ】素麺 meetsイタリアン

【ジャパニーズカスタマイズご飯の筆頭 素麺も新しいステージへ】素麺 meetsイタリアン


今日のお昼ご飯です。素麺 meetsイタリアンです。

最近、例えばラーメン屋さんに行くとテーブルの上にカスタマイズ用の薬味がずらっと並んでいるお店って増えたと思いませんか?昔からある胡椒・七味はもちろん、にんにくやラーメンダレやお酢だったり辛味噌だったり…自分好みにカスタマイズして食べるご飯って楽しいですよね。まずは提供してくれた元の味を楽しんで、少しずつ変化を付けて自分好みの味を目指す…的な感じで。

家庭で食べる和食でも、素麺やざる蕎麦なんてその筆頭のような存在ですよね。おろし生姜・すりゴマ・刻み海苔・わさび・ウズラの卵etc…

我が家でもこの夏、素麺冷や麦系のカスタマイズは色々ありましたが、それでもまだ和食という枠に収まるレベルのカスタムでした。それがついに今日新たなレベルへ到達しました。それが「素麺 meetsイタリアン」です!

かなり大げさな前振りですが、まぁそう言う事です。
ベースとなる麺つゆとそれに合わせるために用意された薬味は
クラッシュトマト・ジェノベーゼソース・みじん切りオリーブ・豆乳・食べるラー油・刻みネギですね。さらに保守派な上のチビちゃんからのリクエストでおろし生姜・すりゴマ・おくら・梅肉・削り節を急遽用意。

僕はまず、麺つゆにトマト・ジェノベーゼ・オリーブを入れてみました。
素麺つけ汁イタリアンカスタマイズ例
これが実に美味しい。素麺って主張する味が無いから何でも合わせやすいんですよね。もう完全にイタリアンな感じで味わえます。この後豆乳と食べるラー油を入れてみると、辛味はさほど感じないのですが、味にコクが追加されてこれもなかなか美味しい。しかもこのつけ汁単体でもかなり美味しい出来です。

素麺を食べ終わった後も、自分好みの配分を探して色々試してみましたが中々答えは出ず。片付けた後で「あああ〜あれに削り節を加えれば和っぽさがプラスされて美味しくなったかも〜!」とか思ったり。

素麺カスタマイズというジャンルはイタリアンには留まらない気がしますね。これはとんでもない魔境に足を踏み入れてしまったのかもしれません。

今日のご飯も美味しかったですよ。ごちそうさまでした。


  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

Emailアドレスは公開されません